ニット製品の繕いもので節約。ちょっと穴が開いたくらいなら…

子供の靴下って、結構簡単に穴があいちゃう事がありますよね。しかも片方だけ、とか、ちょっとしたカギザキさえなければって感じで。

よく動く子供たちのこと、仕方ないと言えばしかたないのですが、スグ大きくなってしまうし、ちょっとの事なら繕ってしまいたいこともありますよね。でも、摘まんだ状態で糸で綴じるととごろごろするし、子供って嫌がったりしませんか?

そこで、私はいつも伝線したストッキングを取っておいて、木綿糸の代わりにストッキングの糸を使って繕います。あ、縫い針にストッキングの糸を通すのに、糸通しは必須アイテムですけどね。

靴下の穴の部分をすくい取るようにかがっていくと、穴の周りを摘まみ取るように綴じるよりも、裏がごろごろしないし、ストッキングの糸自体がちゃんと伸びてくれるので、きれいに綴じられます。そして、ストッキングの糸って1〜2本使うくらいなら、透明になって目立ちません。ちょっと使うだけだからストッキングもそんなに大量に要りませんし。

ストッキングの糸で繕うようになってから、子供たちの靴下やタイツはスレて透けてきた、伸びてきた、サイズアウト、という状態まで持ちこたえてくれるようになりました。

しかも、最近は靴下のみならず、子供服に多い「ニット製品」でもやってみたところ、結構調子いいです。ひどいカギザキでもない限り大丈夫です。

そして…夫の靴下にも試してみました。なぜか片方だけやたら穴が開くんです。すぐ捨てるのももったいないので同じシリーズの同じ色を買うようにして、片方穴があいても正常なもう片方を捨てずに済んではいるのですが…それでもまだ新しいのにつま先にちょっと穴あきなだけで捨てるのは忍びないくらい増えてきてしまいました。

そういう訳で、ひどくならないうちにストッキングの糸で繕ってみました。夫のは黒系の靴下が多いので、黒の不要なストッキングで。そしたらどうでしょう、靴下を買い足す頻度がずいぶん減ってきました。いつも、安価な靴下を購入しているとは言え、やっぱりちょっとの事で節約になる実感を得られるものですね。

ハウスクリーニング 東京

コルギ

土壌水分計

ボイトレ

福岡 整体